.

クレジットカードを所有していると必ず、明細書の通知があります。それらの利用代金明細を見るよう習慣づけていればどの店舗でいつ頃どんな商品にクレカでどれだけ利用したのかというような詳細がリスト化されているため、さかのぼってクレジットカードを用いた購入履歴を見るにおいて非常に明快で便利でもあります。代わりとするのは目的から外れるためきびしいと感じるかもしれませんが、便利な出納帳みたいなものにまとめることもいいアイディアだし貯金管理がもっとやりやすくなるはずです。それにこのクレカ利用明細書送付されてからおおむね十日ぐらいしてから決済金額の引き落としがなされます。だからこのクレジットカードご利用明細を見て、おかしな場所例をあげると決済したこともないWEBサービスがあったとしたら、フリーダイヤル等に連絡して確認すれば済むだけです。その際にスキミングによる不正使用等の第三者による決済が発覚した場合であってもクレジットカードカードの名義者に責任がない限り、ほとんどの問題は加入カード会社がその類の不正な支払いを免除してくれます。近頃ではこの価値の高いクレジットカード利用明細をネットで照会できるクレカが一般的です。いつでもどこでどのようなサービスを買ったかを注意しておく習慣にして不正を防ぐことはもちろんカード利用の成績表の役目も果すので預金管理などもいっぺんに可能になります(ネットで利用履歴を確認OKなブランドは過去の利用額や決済可能残高なども閲覧できます)。カードはこういった意味でも十二分に助けになるツールなのではないでしょうか。